この記事のカテゴリ:Car

街乗りに十分に楽しいクルマ ジュリエッタ

2013/01/19

世界中で多くの人に愛されてきた、伝説の一台が甦った。

Alfa Romeo Giulietta

その官能的ともいえるなイタリアンデザイン、上質な空間、刺激的なパフォーマンス、優れた安全性や環境性能。そのすべてがGiuliettaの名にふさわしく、優美な魅力に満ちている


グリルも横顔も静閑なイタリアン・レッドのジュリエッタ

今日は、このジュリエッタで都内を駈けてみた。乗り込んでみると「軽快」をコンセプトにデザインされたというインテリアは、素材感を生かしたシンプルなラインで構成され、このあたりのシックな雰囲気は、イタリア車ならではの色合いと質感が乗車時の心を落ち着けてくれるようだ。
今回の右ハンドル仕様車は、フットペダルの配置がとってもフィットしてシートの座り心地と合わせて長時間のドライブにも快適そうだ。
店主にイタリア車を見つかってしまったので、「今日は、これを持っていきなよ」と薦められたのが、イタリアのトスカーノ・クラシコ。
「イタリア親爺を気どるなら欠かせないアイテムだぜ。」とケンタッキー葉を使用したドライシガーでも珍しいトルペドの純イタリア産、葉巻だそうだ。


店主お薦めのトスカーノ・クラシコ

初代のアルファロメオ・ジュリエッタ(Alfa Romeo Giulietta)は、1954年から1965年まで、その後、1977年から1985年まで製造された。
第二次世界大戦後に登場したのは、ベルトーネがデザインした2ドアクーペの「ジュリエッタ・スプリント」で、翌1955年にベルリーナ(4ドアセダン)と、ピニンファリーナがデザイン・車体製造を行ったスパイダー登場した。
アルミ合金製1290cc DOHCのエンジンは、54馬力に過ぎなかったが、後に大規模なマイナーチェンジが加えられ、更なるチューンナップが可能となり、1960年に追加された「SS」(Sprint Speciale) 「SZ」(Sprint Zagato) などのスポーツモデルでは100馬力までチューンナップされた。
ジュリエッタは、スポーツカーとして大成功を収め、1963年にはジュリア(105系)に発展するが、スパイダーやスプリントはジュリアに改名され、その後、1600ccエンジンが与えられて、1965年まで継続生産された。


見やすい計器類のパネル

ジュリア系は初代ジュリエッタ以上に成功し、1970年代後半まで生産され、1976年にアルフェッタGT1.6にバトンタッチした。その翌1977年、ベルリーナ系が同じくアルフェッタベースにモデルチェンジされた際に与えられた名称が、14年ぶりの二代目「ジュリエッタ」であった。
この二代目はイタリア本国では「Alfa Romeo Giulietta Nuova」、あるいは116系として区別され、1357cc 95馬力、1600cc 109馬力の二種類が用意された。
ボディに入念な防錆処理が施し、上質な内外装の仕上げが、評判になった。
1979年には、この時代にふさわしい1779cc 122馬力、1980年には、さらに1962cc 130馬力が登場、アルフェッタと同格でよりスポーティなモデルが誕生している。

2009年12月2日、147の後継車両としてネーミングを復活させることを発表し、2010年のジュネーブショーでワールドプレミア後、5月よりイタリアで発売を開始。
日本国内では2012年2月より発売が、開始され、当初は50台限定の「アルフィスティ」を除き、全車右ハンドルのみの設定だったが、同年8月にこだわりの左ハンドル車も販売される。
ピニンファリーナに在籍していた現フィアットグループのデザインディレクター、ロレンツォ・ラマチョッティが統括するアルファスタイリングセンターによるデザインで、この伝説の一台が、蘇った。


ナイスなテール

お馴染みのリアウィンドゥモールドにドアノブを同化させたスタイル

ジュリエッタのプラットフォームは新たに開発されたもので、優れたロードホールディングと俊敏性に加えてさらに快適さを実現し、高度な安全性をも備えている。高剛性のシャシ、フロントの進化型マクファーソンストラット、リアのマルチリンクの各部にアルミを多用したサスペンション、デュアルピニオン式ギアボックスに電動パワーアシストを採用したステアリングなどによって実現されている。
この日は、都内を西から東へと駆り立てて都心の渋滞に掴まることもなく快適なドライビングを楽しむことができた。


下町のイタリアン、たまキャアノ前にて

直列4気筒DOHC1.4リッター直噴ターボエンジンに6速デュアルクラッチAT「アルファTCT」を組み合わせた、ベーシックな「スプリント」と上級の「コンペティツィオーネ」、伝統の1,750ccの直噴ターボエンジン+6速MTの「クアドリフォリオ ヴェルデ」という3タイプ。

2013/01/19    記事ID:11 9933PV

あわせて読みたい:

欧州圏でブレイクしているTABACOSTA社のブランド、COSTA!<br />ニカラグア産のロブストを試そう!...
フロール・デ・セルバ<br />Flor de Selva 生粋のホンジュラス産が上陸!...
フロールデコパン ・ショートロブスト & <br />マヤコレクション・コロナクリスタル...
「パンター (PANTER)」シリーズに新しく、<br />「パンター・シティ・バニラ」Panter City Vanilla登場...
アンティークなシガーカッターで吸い口を切る<br />Don Diego Aniversario Corona...
メハリス、それは伝説になる。<br />MEHARI’S. The Legend...
銀座のカフェのテラス席で楽しむ<br />Black Stoneのチェリーフィルター!...
You and your Panter are inseparable....
横浜中華街でアジオを試しチャイナ!...
凄い奴が市場に登場!!...
カリビア〜ンを味わう!バスコ・ダ・ガマ ラム新登場!...
夏は、アウトドアでクオラム Little Qを持って!...
ボディショット!シャングリア!...
タバコは、嗜好品、でもすべての男は消耗品?...
卓上でスイスの両雄、ビクトリノックスVictorinoxとビリガーVilligerを楽しむ...

コメント:

チャオ!  41509 コメントID:46
伝説が、今蘇った!
確かにアルファらしい一台、これを語らずして伊太車は、語れない。
ロコねえ  41295 コメントID:11
イタリア~
行ってみたいイタリア!
車の赤も他の赤と違いますよね、もちろん、葉巻も「トスカーノ」じゃないとね。
ちょい悪オヤジ風?にすぐなれちゃうよね、
コメントを投稿
NAME:
お名前
Title:
タイトル
Comment:
コメント
※管理者の承認後表示されます
(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
category-menu
category-menu
category-menu
イタリアン・ナイトin 富山...
10977
スイス・ナイト in 富山...
10321
スイス・ナイト in 愛媛...
9793
中国茶と楽しむGreat Wall...
8998
ライター:
Carlos Kawashima
システム開発:
伏木彰───SESSION-2
デザイン:
伏木彰───SESSION-2
LifeMark管理者ログイン

Car(1)
Lifestyle Goods(2)
Liqueur(14)
Cigar(31)
Pipe(1)
Chocolate(1)
Canes(1)
Interview(3)
Column(9)
2012年の記事
2013年の記事
2014年の記事
2015年の記事
2016年の記事